NEW POST

フェルメール 光が差し込んで

d0197997_05493564.jpg

無私の世界に浸る

無私の世界とは

自意識から離れた私利私欲を流しきった環境

花鳥風月の優雅さを感じれる自然に沸き上がる心境のなかで

d0197997_05490100.jpg

自然の中で自分を感ずる

時間(歴史)を感ずる

宇宙の空間で感ずる

無常無我を知り、

そして

縁起と永遠を大切に

そして

当たり前に思いやれる

そして

希望のひかりが広がる


d0197997_05480982.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://bosatori65.exblog.jp/tb/23374410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2016-08-06 13:04
タイトル : フェルメールの最高傑作『デルフトの眺望』と「真珠の耳飾り..
マウリッツハイス美術館 ⅡMauritshuis マウリッツハウスの建物は、17世紀半ばヤーコプ・ファン・カンペンの設計で建てられたもので、オランダ古典様式建築の代表作とされています。ここに住んだナッサウ=ジーゲン侯ヨハン・マウリッツにちなんで、マウリッツハイス美術館と呼ばれています。建物はほぼ建設当時の面影を残しているそうです。オランダ総督ウィレム5世と、その子のオランダ初代国王ウィレム1世の収集のコレクションが核となっており、美術館の規模は大きくありませんが、オランダ絵画等の珠玉の名品を収蔵して...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2016-08-06 13:08
タイトル : フェルメールの最高傑作『デルフトの眺望』と「真珠の耳飾り..
マウリッツハイス美術館 ⅡMauritshuis マウリッツハウスの建物は、17世紀半ばヤーコプ・ファン・カンペンの設計で建てられたもので、オランダ古典様式建築の代表作とされています。ここに住んだナッサウ=ジーゲン侯ヨハン・マウリッツにちなんで、マウリッツハイス美術館と呼ばれています。建物はほぼ建設当時の面影を残しているそうです。オランダ総督ウィレム5世と、その子のオランダ初代国王ウィレム1世の収集のコレクションが核となっており、美術館の規模は大きくありませんが、オランダ絵画等の珠玉の名品を収蔵して...... more
名前
URL
削除用パスワード
by bosatori65 | 2016-08-04 07:19 | 日記 | Trackback(2) | Comments(0)

Thank you for always standing by my side.


by Smile Melody
カレンダー