NEW POST

映画ーStill Life みおくりの作法

哀しい切ない孤独な死をどう弔らったらいいのか
派手なストーリーでものでないので何気なく観ていたら
思わぬ最後の終わり方
見終わったときの寂寥感・・・・

それにしても
「ダウントン・アビー」で好演していたジョアンヌ・フロガットがいい!

d0197997_15591858.jpg



d0197997_15594982.jpg





d0197997_16122760.jpg





主人公はロンドン市ケニントン地区の民生係ジョン・メイ(エディ・マーサン)44歳。彼の仕事は、ひとりきりで亡くなった人の葬儀を執り行う“おみおくり”。几帳面な彼は、事務的に処理することもできるこの仕事を、残された遺品の中から何とか手がかりを見つけ、遺族を探したり、その人の為に弔辞も書く。ある日、ビリー・ストークという男が自身のアパートの真向かいで孤独に亡くなったという報告を受けたジョンは、彼のこれまでの人生を探す旅に出ることに―――


◇大注目女優 ジョアンヌ・フロガットとは?
1979年8月21日、イギリス・ノース・ヨークシャー生まれ。1960年から放送され、ギネス世界記録に登録されている世界最古のテレビドラマシリーズ「コロネーション・ストリート」(97年~98年出演)、09年放送「ロビンフッド シーズン3」でヒロインのケイト役(日本ではLaLaTVで放送)ほか、数多くのドラマに出演。
そして、大ヒットテレビドラマシリーズ「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」のメイド長・アンナ役に大抜擢される。彼女の繊細な演技は世界に認められ、12年・14年と2度にわたりエミー賞に助演女優賞ドラマ部門でノミネート、その地位を獲得した。

[PR]
トラックバックURL : https://bosatori65.exblog.jp/tb/23216336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by bosatori65 | 2016-06-19 09:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Thank you for always standing by my side.


by Smile Melody