NEW POST

感情的にならない本

■考えこむクセのある人
・自分の悩みや不安が「いま一番大きな問題」と受け止める
・考えても答えが出ないから、もっと考えると思ってしまう
1、だから考えない
2、そのとき決めればいい
・動いたり考えたりすることで、答えが出ること、結果が出ることから片付ける

■感情を明るく保つ人
・いつも外を向いている
・動くことをためらわない
・「ともかく外に出る」「ともかく電話をかける」など迷ったら「ともかく動く」
・「ともかく動いて」悪い結果が出ても「ひとまず受け止める」だけ
・「ともかく」と「ひとまず」の組み合わせで成り行き任せ、出たとこ勝負に徹する
・胸を張る
・「私は大丈夫」とつぶやいて胸を張る

■人の言葉を深読みすると感情は悪化する
・「うるさいなぁ」と思うのは条件反射なので仕方がない
・そこから先の感情は深読み。深読みは感情コンディションを悪化させるだけ

■感情を悪化させる「should思考」
・「○○でなければならない」「○○すべきだ」といった決めつけた考え方
・完璧主義に陥り、感情的になりやすい

■いつも朗らかな人は「wish思考」
・「完璧だといいな」「ベストを尽くしたいな」という考え方
・また、「曖昧さ耐性」が備わっている傾向も強い
・「満点でなければいけない」→「60点を超えているのでまぁ合格」
・グレーゾーンを認める人は少しぐらいのことでカリカリしない。他人に対し、大らかに接してくれるし、自分を責めることもなく感情的に安定している

■曖昧さ耐性
・感情的になっている時は曖昧さ耐性が低い
・ネガティブな感情が強まったら「曖昧さ耐性が弱くなってないか」と自問すると防御できる
・曖昧さ耐性を高めるには結果をパーセンテージで想定する
・これって何%の確率かなと考えるだけ。そうすると100%という数字は決して出てこないので、自然と完璧主義すに陥らず、曖昧さ耐性を保てる

■感情的になりやすい人は小さなパニックを起こしている
・例えば、切れて放り出してしまう人、執念深くなる人、大げさになる人などタイプは様々
・感情的になりやすい=信頼感を失う
・セルフウォッチング…自分を見つめる、自分の感情や言葉、考え方を見つめる…ことができればパニックを防げる
・◯◯ならどうする?…自己主張もしないのに周りから信頼されている人をモデルに、その人だったらこういう時どうするか?と考えると気持ちが落ち着く

スパッと答えを出す人は、答えを出して行動に移すことでグズグズした気持ちを切り替えられる

■何もしないよりましと考える
・考えても仕方ないことは考えず、とにかく何でもいいから行動に移す
・悪い感情につかまりやすい人は「まし」という考え方ができない
・対人関係にトラブルを抱えやすい人は根本的解決にならないことはいくらやっても無駄と考えがち
・寧ろうまくいかない相手だから気持ちをゆるめて接したり、笑顔で挨拶するなど、やらないよりはやったほうが「まし」なことを屈託なくやればいい

■クヨクヨしないためのポイント
・小さなことでクヨクヨする人は自分を責めやすい
・クヨクヨしないためにはどんどん動く。
・動けばイヤなことも起こるかもしれないが、良いことも起こる。
・良いことの方に気持ちを向けるだけでぜんぜん違う
・動くことは常にプラス、マイナス、2つの効果を生み出す
・何かをすることは常にメリットとデメリットを伴う
・クヨクヨしてもしなくても結果は同じ

■私達には自然な回復力がある
・感情は生き物。
・自分でどうしようもない時は落ち込むまま、イライラするままに任せていれば、いつのまにか元に戻っている
・そのうち気分が晴れるだろう、と思うだけで気分が楽になる

■自分から素直に感情を出す
・感情を抑える人が増えると、他人と共感することが難しくなる
・相手が笑顔を浮かべなければ、自分が笑えばいい
・自分にできることは今の嬉しさを素直に表すことだけ。それによって相手はホッとする
・自分から素直に感情を出すことで、分かり合える人が1人でも増えれば、きっとあなたは朗らかな人になっていくはず
…………………………………………
悪感情が湧いてきたら放っておく、時が解決してくれる。
当たり前のことだが、現実的にはなかなかできないもの。

感情的になってしまった後は、自己嫌悪の感情が湧いて
落ち込んだりして、非常に後味が悪いものだ。

その後味の悪さを少しでも解消させたいという人には救いとなることだろう。
d0197997_06283269.jpg





[PR]
トラックバックURL : https://bosatori65.exblog.jp/tb/23283989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by bosatori65 | 2013-07-17 09:27 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Thank you for always standing by my side.


by Smile Melody