NEW POST

全体との関係を意識する智慧

全体との関係を意識する

漢字の「人間」は仏教用語で、輪廻転生する五つの世界である
「地獄、餓鬼、畜生、人間、天上」の「人間」を意味する。
「人間」とは「人の世界」という意味で、
「人間社会」を意味しても、個人としての「人」を意味する。
「人間」(人の世界)という全体性を表す言葉が、
個々の「人」をも意味するようになった。
d0197997_06152060.jpg

また、日本人は日常的に、全体の名で部分を呼び、部分に全体を見ている。
全体性を表す「人間」という言葉で個の「人」を見ている日本人は、
人は自分だけでは生きられず、
他の人々に生かされ生かしつつ生きるのだ

という全体との関係を意識する智慧があった。

和辻哲郎『人間の学としての倫理学』

★日本人は
 他の人々に生かされ生かしつつ生きるのだ
 そのような気がする
d0197997_06133620.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://bosatori65.exblog.jp/tb/23338053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by bosatori65 | 2015-10-28 06:14 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Thank you for always standing by my side.


by Smile Melody